小石川植物園でお花見 小石川・後楽園・本郷・散歩ガイド

小石川植物園でお花見

小石川植物園と一般に呼ばれておりますが、正式には東京大学大学院理学系研究科附属植物園といい、植物の研究をするための東京大学の施設です。もちろん一般の方も入園可能です。私にとって小石川植物園は小学校の頃よく通ったもっともなじみ深い植物園のひとつで、大人になった今では年に数回お花見の頃に入園するくらいになってしまいましたが、久しぶりに訪れると心が癒されます。
入園券は正門の向かいにあるお菓子屋さんに専用の窓口があり、そこで購入するのは昔と変わらないスタイルで懐かしく感じます。
桜や梅の季節には多くの花見客で賑わい、入園券を購入するのに列ができることもあります。(下の写真)

小石川植物園入園券売り場

(下は小石川植物園の桜)
小石川植物園の桜

(下は小石川植物園の梅)
小石川植物園の梅

都営三田線白山駅から訪れる場合、駅から正門までちょっと距離があるため、お花見の時期は普段閉鎖されている裏門からも入園できるようになるためこちらが便利です。(丸ノ内線茗荷谷駅からお越しの場合は正門のほうが近い)
また、桜の季節に小石川植物園を訪れたなら是非近くの播磨坂にも寄ってみるといいでしょう。
ちょうど「文京さくらまつり」が開催されていて、坂の両側と中央の緑道に約130本の桜並木が続き、土日は車両通行止めにして露天やイベントなどをやっています。
場所は小石川植物園から地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅方面に歩いてすぐの所です。
また、小石川植物園といえば8代将軍徳川吉宗の時代に設けられた庶民のための無料の病気治療施設「小石川養生所」があった場所で、いまでも井戸だけが残っています。
(下は小石川養生所井戸)
小石川養生所井戸
看板にはこう書かれています「養生所は江戸の町医者小川笙船の意見で治療のため1722年(享保7年)に設けられた。
町奉行の下に属し、貧困者には治療のほか、衣服に至るまで配布された。明治維新に廃止された。この井戸はそのまま残され、1923年(大正12年)関東大震災の時には避難者の飲料水として大いに役立った。」
また、意外と知られていないのが、
ニュートンが万有引力の法則を発見するきっかけになったリンゴの木の枝を接木して育てた木があることです。足を運んだ際は是非見学してみてはいかがでしょうか?
(小石川植物園ニュートンのリンゴの木)
小石川植物園ニュートンのリンゴの木
そして、せっかく小石川植物園まで来たらついでに付近を散歩してみるのも面白いと思います。
正門を出て右に歩くと印刷製本関連の工場が建ち並び、にぎやかな機械の音がします。一方で正門の横の坂を登り、左の路地にはいると坂の下とは対照的な閑静な住宅街が広がります。
昼間でも車の通行が少なく、都心でありながら家で野鳥の声が聞こえる貴重な地域ですが、夜は人通りも少なく、静かすぎてちょっと怖いかもしれません。


大きな地図で見る


小石川植物園

所在地:東京都文京区白山3−7−1
TEL: 03-3814-0138
開園時間:午前9時〜午後4時半
休園日:月曜日
最寄駅:三田線:白山(徒歩10分)
駐車場:なし
入園料:大人(中学生以上)330円 小人(6才以上)110円






スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。