白山神社 あじさいまつり 小石川・後楽園・本郷・散歩ガイド

白山神社 あじさいまつり

文京花の五大まつりの一つ 文京あじさいまつりが毎年6月中旬、ここ白山神社で開催され、境内と境内から続く白山公園に植えてある約3000株の見事な紫陽花を見ることができます。
白山神社は、江戸時代に歯痛止めの神様として信仰を集めたことから、紫陽花まつりの期間中は歯ブラシ供養が行われ、古い歯ブラシを納めると、先着200名に無料で新しい歯ブラシと交換してくれます。
あじさい祭り期間中は、他にあじさい写生会・大道芸・折り紙教室など多くのイベントがあり、観光客で賑わいます。

↓都営三田線白山駅駅から来た場合はこちらの入り口から入ります。
白山神社 あじさいまつり

本殿の前には藤棚があります。
文京区白山神社

白山神社の境内は決して広いわけではないのですが、情緒があり紫陽花がよく似合います。ちかごろは毎年あじさい祭りの様子がニュース番組でも紹介されるようになり、観光客が多くなりました。

↓は京華通り商店街からの入り口。階段を上り、突き当りが本殿。
白山神社紫陽花まつり

色とりどりの紫陽花でできた「あじさい富士」が毎年飾られます。
白山神社あじさい富士

ヒメアジサイ、西洋アジサイ、ガクアジサイなど色とりどりの紫陽花約3000株が植えられています。
白山神社のアジサイ

三田線白山駅から続く参道の左側に「こむぎこ」という美味しいスパゲティ屋さんがあります。量が多く、値段もお手ごろなのでおすすすめです。小さなお店ですが、近隣のOLや東洋大学の学生でいつも賑わっています。
白山神社を訪れた際に寄ってみてはいかがでしょうか。

白山神社
東京都文京区白山5-31-26
都営三田線 白山駅 歩3分 
営団南北線 本駒込駅 歩6分


大きな地図で見る



スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。