本郷菊坂 明治の面影を残す街 小石川・後楽園・本郷・散歩ガイド

本郷菊坂 明治の面影を残す街

本郷菊坂は、本郷三丁目の交差点の脇から言問通りまで約600m続く緩やかな坂道です。
文京区内でもめずらしくなった古い家が残る貴重なエリアで、私の一番のおすすめ散歩スポットです。
菊坂という名は、昔このあたりが菊畑だったことに由来するそうですが、もちろん現在はありません。
菊坂沿いには、商店や住宅、マンションなどが建ち並ぶため、一見下町の雰囲気はあまり感じられないように思えますが、菊坂と平行に走る菊坂下道(したみち)と呼ばれる狭い道が南側にあり、そこからさらに一歩路地裏に入ると下町情緒漂うエリアが広がります。
明治時代の女流作家 樋口一葉の住居跡があることは知られており、一葉が新五千円札の肖像になってからは以前よりも観光客の数が多くなったように思えます。
また、宮沢賢治も菊坂に一時期住んでいて、ここから東大赤門前にある印刷所・文信社に通い、働きながら詩歌の創作活動をしていたようです。

最近は立て替えなどによって下の写真のような古い平屋は残念ながら少なくなってしまいましたが、周辺を散策すればまだまだ風情のある建物も残っているので是非お散歩してみてはいかがでしょうか。
本郷菊坂 長屋

下の写真は菊坂と菊坂下道を結ぶ階段です。
菊坂の街並み

菊坂には樋口一葉旧居跡以外にも所々に井戸があり、現在も住民の方たちの生活に使われているようです。
菊坂の井戸

菊坂下道の脇には、昔ながらの瓦屋根に煙突がある銭湯「菊水湯」があります。浴室の壁には富士山の絵が描かれている東京の正統派銭湯です。
菊坂の銭湯菊水湯

【菊水湯案内】
住所東京都文京区本郷4−30−16
電話番号:03-3815-2637
営業時間:午後3時半から午前1時
定休日 :金曜


大きな地図で見る


スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。